新生まるやま歯科

みなさんこんにちは!

まるやま歯科院長の丸山です。

さて、この度まるやま歯科は、院内の改装工事を行いました。

IMG_6099

 

 

 

 

 

ご予約が取りづらくなっている状況におこたえするべく、これまで院長室とカルテ保管庫として使用していた部屋を改装して新しいユニット(診療台)を導入しました。

一緒に歯科用顕微鏡(マイクロといいます)やオーラルスキャナ(自動で型取りしてくれるシステム)、セファログラム(矯正用の診断装置)などの最新機材も導入し、これまでよりも一層レベルの高い診療が可能になりました。

まるやま歯科は予防歯科を中心とした定期管理型の歯科医院ですので、そもそもむし歯ができないように、歯周病が進行しないようにするために普段からのケアを重視しています。これらの機材を用いてより一層レベルの高い定期管理を行うことができる様になると思います。

さらに充填処置や高度な歯周外科処置などが必要になった際もこれらの機材がより精度の高い治療を提供してくれます。

預金通帳の残高は目減りする一方ですが、よりよい医療提供のためと思って思い切って導入しました!
P1080857

 

 

 

 

 

新しく導入した機材がたくさんありますので、これから少しずつその機能について当ブログでご紹介していきたいと思います。

ユニットが増えて今まで泣く泣くお断りしていた患者様のご予約が少しは取りやすくなると思いますのでご期待ください

歯間ブラシとフロスの違い

まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今月は歯間ブラシとフロスの違いについて

ご紹介したいと思います✨

皆さんは普段歯磨きの際に、どのような清掃用具を使ってますか?

歯ブラシ…?歯間ブラシ…?フロス…?

実は歯ブラシだけでは汚れを十分に落とすことはできません。

歯と歯の間にブラシの毛が届かず汚れは残ったままなのです。

この残った汚れ(プラーク)が歯周病や虫歯の原因になってしまいます。

そこで登場するのが歯間ブラシやフロスといった補助道具です。

歯ブラシだけでは取りきれない、歯と歯の隙間に残った汚れを

取ってくれるのです!

歯間ブラシは、持ち手の先に針金とナイロンの毛がついてるもので、

歯と歯の間に通して使います。

歯間の広さに合わせて様々なサイズがあります。

歯周病などで歯肉が下がっている方や、

歯と歯の間の隙間が広い人はフロスでは汚れが取りずらいので

歯間ブラシがオススメです。

フロスは、糸ようじのことです。

持ち手のついた「ホルダー型」や、

指に巻きつけて使う「ロール型」があります。

歯間ブラシと同様に歯と歯の間に通して使います。

健康的な歯茎は歯間が狭いので、歯間ブラシを無理やり通すと

歯肉が傷ついてしまうので、フロスがオススメです。

まるやま歯科では、ひとりひとりに適した歯ブラシや、

歯間ブラシのサイズをご提案しております。

また、歯間ブラシやフロスの使い方もメインテナンスの際に

一緒に練習をして、正しい使い方をお伝えしております。

気になることがあれば、衛生士やその他スタッフに

お気軽にお声掛けください!

ご来院お待ちしております✨

image1

本年もどうぞよろしくお願い致します。

みなさんこんにちは♪

明けましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します!スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしています!

1月になり寒さも一段と厳しくなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

体調を崩さないよう暖かくお過ごし下さい。

新型コロナウイルスも新しい株がでできていますね、、、

少しずつ増えてきていますので感染対策を継続して行なっていきましょう!

まるやま歯科では2月に院内の改修工事を行います。

ユニットが1台増え、新しい器械も入ります。

1週間ほど休診になりみなさまには大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

4月には新しい先生も勤務してくれる様になりますので、またご紹介させていただきますね!

もうすぐクリスマス♫

こんにちは!

本格的に寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

クリスマスのイルミネーションが街に輝く季節になりました!

クリスマスが近づくと気持ちがワクワクしますね☆

今年も、まるやま歯科ではクリスマス仕様の飾り付けをしています。

来院された際は、ぜひお楽しみください(^^)

IMG_0456

IMG_0455

 

 

 

 

 

 

IMG_0450

超音波スケーラーのご紹介

みなさんこんにちは!だんだんと寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日受けさせていただいた「CEC in Kyusyu 2021 歯科衛生士のためのオンラインセミナー」を受けて、歯科衛生士の歯石取りの道具のひとつである超音波スケーラーについてお話をしたいと思います。

文字通り、超音波で歯石を除去していくのですが、歯周病の原因となる歯茎の中の歯石を除去するのに、とても優れています。

IMG_0341のコピーIMG_0339のコピー当院ではこちらを使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な形をしたチップを患者さんに合わせて選択していきます。

またこのチップ類は、使い続けると先端がすり減り、振動が弱くなっていくため、毎回適したチップの長さかどうか確認し、使用する必要があります。

この機械は、当てるだけで硬い歯石も砕けて取ることができたり、直接チップを当てなくても、超音波の振動によって発生した気泡が消滅することによって、歯茎の中の悪い毒素や汚染物を取り除く効果もあります!(キャビテーション効果)

歯茎の中の歯石取りは、己の技術を向上させることはもちろん、こういった機械の正しい知識や、使い方・効果を理解し、使用していくことも大切だと思いました。

みなさまの歯の健康を守るためさらに精進していきます。これからもまるやま歯科をよろしくお願いします!